周辺観光

周辺のみどころ

橋杭岩

串本から大島に向かい、約850mの列を成して大小40余りの岩柱が、そそり立ち、その規則的な並び方が橋の杭にいている事から この名前が付きました。海の浸食により岩の固い部分だけが残り 橋の杭だけが残っているかのように見える奇岩には その昔、弘法大師と天邪鬼が一晩で橋を架ける賭けをして、一夜にして立てたという伝説が残っています。 吉野熊野国立公園地域にあり、国の名勝天然記念物に指定されています。

アドベンチャーワールド

「こころにスマイル 未来創造パーク」をテーマに全世代の方が楽しめる 動物ふれあいテーマパーク。パンダファミリーに会える「パンダラブ」 陸の動物が暮らす「サファリワールド」海の動物パフォーマンスをご覧頂ける 「マリンワールド」遊園地の乗り物が楽しめる「プレイゾーン」など、 動物たちとの出会い、ふれあい、感動が待っています。
写真:ジャイアントパンダ「彩浜(さいひん)」
撮影日:2019年10月28日

串本海中公園

日本初の海中公園として指定され、園内には「水族館」「海中展望塔」「海中観光船」など施設が充実。 中でも海中観光船「ステラマリス」は、半潜水型海中観光船で中から「熱帯魚」や「テーブルサンゴ」などを鑑賞できます。

太地くじら博物館

世界でも珍しい“くじら専門”の博物館。 館内には伝統的な捕鯨方法のジオラマや、くじらの骨格標本などの沢山の資料が展示されています。館外では更に楽しめるエリアが沢山。イルカ、くじらのショーや、餌やり体験を通してのふれあい体験などもする事ができます。

南紀熊野ジオパークセンター&潮の岬

本州最南端の土地、潮の岬に7月27日『南紀熊野ジオパーク』がオープン! (ジオパークとは…?) その地域の大地のなりたちを知るだけでなく、歴史・文化・動植物・食などを通じて、大地と人の暮らしの関わりを実感して楽しむところです。 最新の大型地形模型とプロジェクトマッピングによる映像や実験など、 熊野の大地の成り立ちや自然を五感でお楽しみ頂けます♪

瀞峡

「瀞八丁」と呼ばれる、約31kmにもおよぶ吉野熊野国立公園の大渓谷をめぐる遊覧船。瀞峡に到着すると屋根が開き、両岸にそびえる断崖奇岩を間近に見ることができます。瀞峡では約20分間下船し、四季折々の渓谷美を満喫。往復約2時間のクルージングをお楽しみください。

紀伊大島

潮岬や橋杭岩などあわせて吉野熊野国立公園の一部となっている和歌山県下最大の島です。美しい海でつりやスキューバダイビングが楽しめるほか、トルコ記念館、日米修交記念館、日本最古の石造灯台樫野崎灯台なども。 潮岬から「くしもと大橋」でつながっており、本州から車で渡ることができます。

熊野詣

熊野古道のひとつ「大辺路」や熊野三山「熊野那智大社」、高さ・水量ともに日本一の名瀑「那智の滝」へのアクセスも便利。熊野詣の拠点としても当館をご利用いただけます。